超美人女王様の囁きと長い爪でくすぐる乳首責めに目隠しされたM男は悶絶!更に手コキで亀頭責めされ、もうがまん汁だけでは治まらない!

0%

超美人女王様の前には覆面で視界を遮られたマゾ男。首輪を付けられ、手枷でつながれている。グレーのパンツの中の竿はこの状況に既に勃起している。女王様はそっとマゾ男に近づき横に寄り添い、長くきれいな爪でマゾ男の耳と胸元をくすぐり始めた。かすかに痙攣するマゾ男。「乳首触って欲しくてうずうずしてるの?」と囁くと爪で乳首を弾き、つまみねじった。声を漏らし感じまくるマゾ男。グレーのパンツにはがまん汁が染みている。女王様は白いレースの下着姿になり、美乳をマゾ男の乳首に擦り付け、パンツを下ろした金玉を膝で優しく押し上げるのだ。そして絶えず乳首を弄りながら手コキで亀頭を責める。女王様の優しい囁きと激しい手コキに、たまらず腰を捩らせるのだった。

0 Comments
LEAVE A REPLY
Your email address will not be published.